FC2ブログ

アトリ

アトリ(獦子鳥、花鶏、学名:Fringilla montifringilla)は、
鳥綱スズメ目アトリ科アトリ属に分類される鳥類の一種。


全部で1000羽位いたかな?
_MG_5431z01.jpg
その一部です。

分布
ユーラシア大陸北部の亜寒帯で繁殖し、冬季は北アフリ
カ、ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島に渡りを
おこない,越冬する。日本には冬鳥として秋にシベリア方
面から渡来する。主に日本海より山形県や富山県などに
飛来した後、各地に散らばる。渡来する個体数は年によ
る変化が大きい。

形態
全長16cm。黄褐色を基調に黒、白を加えた羽色をもち、
特に胸部の羽毛は橙褐色で目立つ。オスの夏羽は頭
部が黒い。メスおよびオスの冬羽の頭部は褐色であり、
メスはオスより色が薄い。

生態
山麓の森林や農耕地に生息する。昼行性で昼間は小
規模な群れで生活するが,夜は集団で休む。日本にお
いては渡来直後や繁殖地への渡去直前に、数千羽か
ら数万羽になる大群を作ることがある。食性は雑食性
で、植物の果実や種子のほか、昆虫類や節足動物を
食べる。
スポンサーサイト



ツグミ

ツグミ(鶇、学名:Turdus eunomus)は、
スズメ目ヒタキ科ツグミ属に分類される鳥類。
かつてはハチジョウツグミの亜種として Turdus naumanni euno
mus の学名を与えられていたが、独立種として分離された。


a
_MG_0598z02.jpg
a

分布
中華人民共和国南部、台湾、日本、ミャンマー北部、ロシア東部。
夏季にシベリア中部や南部で繁殖し、冬季になると中華人民共
和国南部などへ南下し越冬する。日本では冬季に越冬のため飛
来(冬鳥)する。和名は冬季に飛来した際に聞こえた鳴き声が夏
季になると聞こえなくなる(口をつぐんでいると考えられた)ことに
由来するという説がある。日本全国で普通に見られる。


形態
全長24 cm。翼開長39 cm。色彩の個体変異が大きく、ハチジョ
ウツグミとの中間型もいる。嘴の色彩は黒く、下嘴基部は黄色。
後肢の色彩はピンクがかった褐色。頭頂から後頸の羽衣は黒
褐色、背の羽衣は褐色。喉から胸部は淡黄色、胸部から腹部
の羽衣は羽毛の外縁(羽縁)が白い黒や黒褐色。尾羽の色彩
は褐色や黒褐色。翼の色彩は黒褐色で、羽縁は赤褐色。雌雄
ほぼ同色である。


生態
平地から山地にかけての森林、草原、農耕地などに生息する。
越冬地ではまず山地の森林に群れて生息し、その後に平地へ
移動し分散する。鳴き声(地鳴き)が和名の由来になったとする
説(この場合、ミは「鳥」や「群れ」を指すメがなまったとされる。
)もある。福井県の指定の鳥であり、秋になるとシベリア方面か
ら渡来する。食性は雑食で,昆虫、果実などを食べる。農耕地や
河原などの開けた地表で採食を行う。

コチョウゲンボウ♂成鳥

コチョウゲンボウ(小長元坊、学名:Falco columbarius)は、
鳥綱ハヤブサ目ハヤブサ科ハヤブサ属に属する鳥類の一種である。


a
_MG_0185z01.jpg
a

嘴に何か付いてる?
_MG_0193z02.jpg
食事した後なのかな?

c
_MG_0226z02.jpg
c

d
_MG_0324z03.jpg
d

e
_MG_0333z02.jpg
e

分布
北アメリカ大陸北部、ユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季は
アフリカ北部、インド、中国東南部、北アメリカ大陸中部から
南部、西インド諸島に渡り越冬する。日本へは冬鳥として、
北海道から九州まで各地に渡来するが、数はそれほど多く
ない。南西諸島ではまれである。


形態
全長オス27cm、メス31cm。嘴から下方へ向かう黒い斑紋
(ハヤブサ髭)はないか不明瞭。オスは頭頂部と背面,翼の
上面が鮮やかな青灰色。頚部は腹面橙褐色で褐色の縦
斑がある。メスは上面が灰褐色で黄褐色の斑があり,頚部
、腹面は黄白色で黒色の太い縦斑がある。


生態
海岸や草原、農耕地、丘陵地など様々な環境に生息する。
食性は動物食で小型鳥類、小型哺乳類、昆虫類等を食べ
る。小型の鳥類が主食で、飛翔中の獲物を素早く追い回し
捕らえる。またハヤブサ同様に、獲物の背後に回って蹴落
とすこともある。岩場 の上など地上に木の枝などを組み合
わせた皿状の巣を作る。森林地帯で繁殖する個体は、カ
ス類の古巣を流用することが多い。繁殖形態は卵生。5-6
月に平均4卵を産む。雌雄共に抱卵を行うが、主に抱卵は
メスが行う。越冬地では、数羽から十数羽の群れでねぐを
とる。

アトリ

アトリ(獦子鳥、花鶏、学名:Fringilla montifringilla)は、
鳥綱スズメ目アトリ科アトリ属に分類される鳥類の一種。


a
_MG_9605z03.jpg
a

分布
ユーラシア大陸北部の亜寒帯で繁殖し、冬季は北アフリ
カ、ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島に渡りを
おこない,越冬する。日本には冬鳥として秋にシベリア方
面から渡来する。主に日本海より山形県や富山県などに
飛来した後、各地に散らばる。渡来する個体数は年によ
る変化が大きい。


形態
全長16cm。黄褐色を基調に黒、白を加えた羽色をもち、
特に胸部の羽毛は橙褐色で目立つ。オスの夏羽は頭
部が黒い。メスおよびオスの冬羽の頭部は褐色であり、
メスはオスより色が薄い。


生態
山麓の森林や農耕地に生息する。昼行性で昼間は小
規模な群れで生活するが,夜は集団で休む。日本にお
いては渡来直後や繁殖地への渡去直前に、数千羽か
ら数万羽になる大群を作ることがある。食性は雑食性
で、植物の果実や種子のほか、昆虫類や節足動物を
食べる。

トビとハシボソガラス

トビ(右)(鳶、学名: Milvus migrans)は、
タカ目タカ科に属する鳥類の一種。


ハシボソガラス(左)(嘴細烏、学名:Corvus corone)は、
鳥綱スズメ目カラス科カラス属に分類される鳥。


ハシボソさん、ず~~~っと見られてると
食べ辛いんですけど・・・

_MG_5614z01.jpg
何が?

仕方ないな~
_MG_5617z01.jpg
b

尾っぽだけど、あげるよ・・・
_MG_5624z01.jpg
c

d
_MG_5627z01.jpg
ラッキー
プロフィール

rakugonogo

Author:rakugonogo
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR